バルクアップアーマープロ 効果

30代の運動でおすすめなのがこれ

30代の人でこれから運動に取り組み始める人におすすめするのが、スロージョギングです。

 

 

スロージョギングとは、ゆっくりとしたスピードで行うことで有酸素運動につながるトレーニングのことです。
私の場合は、NHKの試してガッテンで取り入れられていた、超ゆっくりジョギングする方法に取り組んでいます。

 

 

スロージョギングの驚くべき効果

超ゆっくりジョギングすることに効果なんてあるの?と疑問に思う人がいるかもしれません。

 

運動でシェイプアップを目指す場合、一度の運動によるカロリー消費よりも、筋肉量をアップさ基礎代謝を向上させることで、消費カロリーを増やして痩せていく方法が一番効果的です。
また、年齢を重ねていくとどうしえも運動不足によって身体が錆びたような状態になってきます。
ゆっくりとしたジョギングであっても、1か月もすれば確実に体はサイズダウンしますし、徐々に激しい運動にも耐えられる身体に生まれ変わっていきます。

 

僕の場合は、スロージョギングを続けて1か月ほどで、着ていたズボンがブカブカになってしまいました。
これまではぽ中のぜい肉が邪魔をして、履いても、ズボンの上にぜい肉が載っていてお腹を引っ込ませているような状態でした。
それだけ無理して履いていたズボンが、逆にブカブカになったのです。

 

実に10センチ以上もウェストは細くなりました。
毎日20分程度のスロージョギングを1か月続けただけでこの成果です(体重は1キロくらいしか変わっていません)。

 

 

スロージョギングをおすすめする理由

 

30代の人にスロージョギングをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 運動習慣がない人でも始めやすい
  2. 疲れにくいので続けやすい
  3. 負荷は少ないのに、効果が高い
  4. 突然身体を動かして怪我をする可能性が低い

運動に関する勘違いとは

キツイ運動じゃないと痩せることができない

激しい運動は、カロリーを多く消費しますが、運動によるカロリー差は、激しい運動もゆっくりした運動も、そこまで差がありません。

 

たとえば、1時間ウオーキングしたときのカロリー消費量は260kcal〜320kcalほどです(体重が多い人ほど消費カロリーは増えます)。
これに対して、1時間ジョギングをしたときのカロリー消費量は、470kcalほどです。

 

消費カロリーはあくまでも目安ですが、1時間もジョギングすればかなり疲れますし、運動習慣がない人は、そもそも相当キツイはずです。
それだけキツイ運動をしているのに、ウオーキングと比べて200kcalほどしか変わらないのです。

 

女性が1時間運動したときの消費カロリーの目安

水泳(クロール) 1039kcal
水泳(平泳ぎ) 544kcal
ジョギング 470kcal
サッカー 396kcal
バスケットボール 396kcal
階段上り 371kcal
スノーボード 346kcal
テニス 346kcal
ウォーキング 168kcal

 

逆に激しい負荷の高い運動というのは、それに耐えうる身体が出来上がってないと、ケガの元です。
マラソンをしようとしたら、側溝にもつれて足首をひねってしまったとか、気合を入れて運動したら2日後に筋肉痛で生活や仕事に支障をきたしてしまった、とか。

 

 

やせるために運動が必要な理由は?

 

人間の体重が1s減るためには、約7600kcalを消費しなくてはいけません。
運動することによって消費できるカロリーだけでは、痩せることは難しいのです。

 

痩せるために運動が必要な目的は、筋肉量を増やし基礎代謝を上げることで自然と痩せる身体を作ることが大切です。

 

長い時間じゃなくコマ切れに時間でも効果がある

 

運動は長時間やらないと脂肪が燃えないと思い込んでいる人もいますよね。
5分や10分といったコマ切れの時間に取り組んだ運動でも脂肪を減らす効果があります。

 

 

もういい歳なので、今更運動で痩せるなんて無理

 

年齢をkさs寝ると、若いころと同じように体を動かすことが徐々にできなくあんります。しかし、年齢相応に取り組める運動はいくらでもあります。
諦めるひつようはないんです。

超ゆっくりジョギングする方法とは

ジョギングをしますが、スピードは徒歩のスピードとほとんど変わらないくらいのスピードで実施します。
運動中に会話ができるくらいのスピードで、全然問題がありません。

 

この超ゆっくりジョギング法を知って、僕も半信半疑で取り組みましたが、効果は絶大です!
足踏みの速さは1秒間に3回くらいです。つまり、ちょこちょこ歩足を進めるイメージです。

 

スロトレのメリット

 

  1. 継続による体力アップ
  2. ダイエット・メタボ改善効果
  3. 高血圧、脂質異常症、高血糖などの予防改善
  4. 脳機能の改善

 

そして、運動に取り組む人にぜひ知っておいてほしいのは、運動して痩せるのではない、ということです。
どれだけ、汗をかいても、1度きりの運動なら、瞬間的に体重は減りますが、すぐに元の体重に戻ります。

 

しかし、運動を続けることで筋肉を増やすことで、基礎代謝量も上がっていきます。
基礎代謝があがれば、消費カロリーが増えるため、自然とサイズダウンしていきますよね。

 

また、、継続による体力の向上が、本当にうれしく感じています。
今まで階段を上がっていただけで、息切れしていましたが、スロージョギングに取り組み始めて2か月もすると、買い餡の上り下りもへっちゃらになりました。

 

もちろん、スロージョギング中にバルクアップアーマープロを着用していればそれだけ効果もあがります。
バルクアップアーマープロの効果 1か月後どうなった?